構造計算による設計 頑丈な家づくり

■地質調査と安全な地盤の確保

地盤工事

山に近いほど地盤が強いとか川に近いと地盤が悪いなど、いろんな考え方がありますが実際調査をしてみれば思っていた通りの地盤ではない事もあります。

日本はたくさんのプレートが重なり合ってできた島。

場所によって特色が変わるのは当然です。

地盤調査を的確に行い最も需要ともいえる地盤の力を知った上で最適な工法をご提案いたします。

 


■基礎設計を適切に

ジオプランの基礎設計

最近ではほとんどの木造基礎はベタ基礎という工法で行います。

確かに地盤に伝わる力を等分布で伝えるのは利に適っています。

しかし間取りなどで大きな部屋ができた場合柱から基礎へ伝わる力は同じ基礎の中でも変化があります。

基礎設計を行う際に鉄筋の量を増やしたり、開口部の補強を増やしたり詳細な設計を行っていきます。

布基礎と違い、べた基礎では地面への接地面が広いため、建物の加重を分散できるため、建物をしっかり支えられます。

 


■ 外壁全体を耐力壁で強固な設計

ジオプランの外壁設計

 

地震を体験したとき主に横揺れを経験するほうが多いのではないでしょうか。

これは縦揺れのP波は早く地上へ到達しその後横揺れのS波が長々と続くからです。

この横揺れの水平の力を受け止めるのが耐力壁です。

ジオ・プランがご提案する構造耐力面材は透湿性に優れ、軽量で強度の優れた材料です。

ご安心いただけるマイホームをご提案いたします。

 


■床を強固にした剛床工法

dc012314

 

いくら壁を強くしても水平に受ける力は梁や柱にもうまく伝えなければいけません。

ジオ・プランの木造住宅は根太レス工法と呼ばれる28mmの厚い合板を床に使用することで水平力を各部材へ伝えやすいように設計しています。

 


■耐震金物にも適材適所

ジオプランの耐震設計

 

いろんな思いでプランしたマイホーム。

真四角な建物ばかりだとは思えません。

よく言われる四角の建物のほうが頑丈でコストもかかりにくいその通りです。

しかし、こだわりや土地の形でそうならない事もあるはずです。

凹凸のある建物は力の伝わり方に変化が起きやすいのが特徴です。

そこでジオ・プランでは構造計算により大小力の異なる場所へ最適な金物を配置するように計画します。

闇雲に大きな力を受ける金物を配置してもうまく力が伝わりません。

建物の重心(中心)へ応力が伝わるように計画することが望ましいのです。